fc2ブログ

2007-01

ポリーニ on TV

イタリアのテレビはチャンネルが多く、家での娯楽の中心です。
とはいえ、にぎやかな(やかましい)バラエティ番組が中心で、クラシック音楽が生まれた地にしてはクラシックを扱う機会がとても少なく残念。国営放送raiラーイが持つオーケストラと有名なピアニストの共演が深夜に見られる程度です。
そんな中、8時半頃のインタビュー番組に珍しく
マウリツィオ・ポリーニが出てました。
pollini.jpg

イタリアが生んだ数少ない世界的なピアニスト。ローマにいる限りこのような真面目なイタリア人がいるのは少し信じがたいような気がするのですが(笑)、さすがにミラノ人は違いますね。

番組中、芸術音楽をもっと若者に聴かせるような努力をするべきである、ということを盛んに言っていました。ポピュラー音楽も実際おもしろい、おもしろいからそちらの分野については言及しないが、少なくともイタリアのメディアや国が自国の生んだ素晴らしい文化を絶やさぬよう努力しなくてはいけない、そのために無限の可能性を持った若者の耳に自然に入っていくような環境を整えていきたい、とのこと。マスメディアとクラシック音楽の距離を憂いていました。
インタビューの途中にはポリーニの小さい頃の写真、そしてショパンのノクターンを弾く姿が流され観衆から大きな拍手が起こっていました。
彼の演奏が好きか嫌いかは抜きにしても、さすがに飛び抜けた才能と優れた知性を持ち世を渡ってきた人物。彼が言っていること、含蓄があるしまさにその通りだな、と感じました。去年の年末の年越しコンサートの中止もそうですが、少し表面的にきらびやかなものにばかり流されていくような風潮がイタリアには(まあ世界中そうでしょうが)あります。
しかしそれも社会的に当然の話。たくさんの選択肢がある現代社会、芸術だけ人におしつけるわけにはいきません。ポリーニを知らないピアノ弾きはいませんが、ポリーニを知らないイタリア人はたくさんいます。この距離感。
でも好きな人は本当に好き、小さい子のための習い事、年を追うごとに本当の良さがわかってくるもの。現代社会におけるクラシック音楽の今の位置、必ずしも悪くはないんじゃないでしょうか。
望むらくはポリーニの言っているようにメディアが協力し盛り上げ、国が質の高い教育を支援していく姿勢をもつことですが・・・それはさておきポリーニくらいの人物ならクラシック専門チャンネルの一つくらい作れるんじゃないでしょうか??無理かな?

余談ですが、「クラシック音楽とメディアの距離をなくすためにも、ここで演奏なさってはいかがでしょうか」と司会者に言われ、ポリーニが「ちょ、それは無理w」っと即答していたのが、完璧な演奏を求める彼らしいなと思いました。
スポンサーサイト



ないないではすまされないので

さて、この行きつけのバール。セリエAのチーム、"ASローマ"の熱狂的なファンであります。
2007.1.19-3.jpg
店のいたるところに貼付けてあるチームマフラー。あずき色とオレンジのチームカラーが印象的。

2007.1.19-2.jpg
2005年にローマを引退したバティストゥータのユニ。桑田じゃないですよ。D-matでもないです。
 
ローマにはもう一つ"ラツィオ"というチームもあるため、そちらのチームのマフラーが飾り付けされているバール、あるいはピザ屋さんなどもあります。
イタリアはもともと州の集まりだったため未だに「イタリア共和国」という意識よりも「おらがむらが一番だべ」という気持ちが非常に強いんですね。各地方に根付いたサッカーチームはまさに故郷の誇り。実際バティストゥータも、もともと"フィオレンティーナ"に在籍しフィレンツェの英雄的存在だったのがローマに移籍することになり、憤慨したファンが銅像を壊すなど混乱に陥ったそうです。日本でここまで熱狂的なのは・・道頓堀にダイブする阪神ファンくらいしか思いつかない・・(悪い意味じゃないですよ)
巨大スクリーンが置いてあって、試合がある時は人が集まりピザを食べビールを飲みながら応援する店もあります。日本にもスポーツカフェっていうんでしたか、ありますよね。ワールドカップやらオリンピックなんかの時は盛り上がりますが、そういうものの原型ではないでしょうか。
まあ、その店の応援するチームのファンでない人はとてもいられない雰囲気でしょうね・・・ピザ投げられそう。
実際ローマでも「ラツィオサポーターは出入り禁止」、あるいはその逆なんて場所もあるんだとか。どっちのファンでもなくてよかった!

ネタがないのではない

新年の学校が始まって、にわかに忙しくなってきました。2台ピアノのレッスンやらイタリア語検定の申し込みやら、はたまた滞在許可書の更新など、やることが山積み・・・
色々なところに行ってはパシャリと写真を撮ったり、そんなことに頭がまわらなくなってきました。。
まあ、忙しすぎると言っても学校のない日など、実際は朝から練習して4、5時に終え、「コロッセオ行って写真撮ってくるぞぉぉぉぉp」と思えば行けないこともないのですが、そういう気力がおきない、ということなのです。人間使える気力というものは決まっていて、それをどう分配するかっていうのが大事みたいですね。

以前も書いたかもしれませんが、僕は特にこういう忙しいときにはほとんど日課のように家の向かいのバールにカフェを飲みに行きます。使いすぎた頭がすっきりするのと、なんとなく気が休まる感じがするのです。今日も一日がんばったな、自分が部屋にこもって譜読みに没頭している間も世の中は動いているのだな、きっとイタリア人もこんな風な気持ちでバールに集まってくるんだろうな、なんて思いながら、一杯の少ない少ないエスプレッソをちびちび飲むのです。
でも、バールに入って周りをよくよくみると、結構これがネタの宝庫。そんなわけで今回はちょっと行きつけのバールを紹介しようかと思います。
2007.1.19-1.jpg

これはこのバールに限らず、どこのバールにも大体つきもののスロットマシン。
ゲームセンター、あるいはパチンコ屋などというものがほぼ皆無のイタリア。日常プラっと出かけて気楽になにかで遊ぶ、といえばこのバールのスロットなんですね。
他にやることがないのかこれが結構アツくなってやってる人が多いんです。中国人、イタリア人問わず大体行くと2台とも埋まっていて、たまに大当たりすると密かに換金(?)らしきことを・・・秘密でしょうが。

後半に続く。

どうすんだよ、これ

ある日のこと、練習を始めようと準備をしていたところ、いつものように昼2時頃仕事を終えたカルロが帰ってきた。
「RYO、ちょっと邪魔していいかい」
日頃僕が練習部屋にいるときは決して邪魔しないカルロだ。珍しいな、と思って「どうしたの」と尋ねると、
「これなんだけど、コピーできないかな」
と言ってぴらっと一枚のチケットを出してきた。
2007.1.10.jpg

どうみてもtrenitalia(イタリア国鉄)のチケットだ。ローマからバッティパッリア(知らない)まで、もう期限の過ぎた他人の買ったチケットらしい。なんでも友達がくれたんだとか。
よくよく見てみると、「一ヶ月有効、往復チケット。ただし身分証明書提示のこと」と書いてある。
(゚Д゚)ま、まさかこんなもの自分が使おうというんだろうか?40過ぎにもなって??
「できるだろうけど、、」
と、一応純粋に可能かどうかということだけについて返答。確かになんの変哲もない固い紙で、特殊なホログラムなどが入っている様子もない。ただ、しいて言えば左上の蛍光オレンジが再現難しいかも、と思ったが・・
カル「できそう?」
僕「まあスキャナー使えばね。で、コピーしてどうすんの?」

2007.1.10-2.jpg
「・・・」
僕「・・・でもこれ、他人の名前はっきり書いてあるじゃん。身分証明書が必要ってあるし。」
カ「うん、うん。まあちょっと興味があるだけなんだ。イタリア的発想というかなんというか。特殊な紙とか必要?」
僕「いや、多分その辺で売ってると思うけど。」
カ「そっかあ。ちょっとやってみてくれる?今じゃなくて明日でもあさってでも。」
僕「(・∀・;)別にいいけど・・でもどうすんのこれ?」

2007.1.10-2.jpg
「・・・」

どうすんだよ!これ!
まさか印字まで加工して・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

カンピューダ

イタリア語の発音は実に単純。
なにしろ日本では小学校でローマ字読みなるものを習うのだ。イタリア人にとってはこれが意外とすごいことらしく、語学学校でも全く話せない、聞けない日本人がスラスラ読めちゃうのを皆不思議がるのだ。
唯一特殊なのはgl(ギっぽいリ)とかgn(母音とくっつきニャ、ニィ、ニュ、ニェ、ニョなどとなる。例:Bolognaボロンニャ)とかなのだが、
アイスの定番マグナム(Magnum)なんかは「マグナム」ではなく「マンニュム」などとわざわざ言いにくい発音で呼ぶ。インターネットinternetは「インテルネット」。コンピュータcomputerは「コンプーテル」。
この外来語の呼び方、当初はなんか英語の発音がわからない昔の人のようでかっこ悪いと思って使っていなかったのだが、どうやらイタリア語読みしたほうが通じやすいらしい。
よく考えたらそうだ。
逆に外人が日本の電気屋さんに来て、「カンピューダインタerネットゥガシタインデスガ」と言われたら、「欧米か!」と言いたくなるだろう。
やはり外来語もその国の言葉っぽく言った方が「お、話せるなこやつ」と思われること間違いなし。っぽい。ような気がする。

2007.1.8.jpg
いつもお世話になっている向かいのバール。マンニュム一本くーださーいな。

伊→日の郵便事情

イタリアの郵便事情と言えば先進国中最低であることで有名でした。
僕も時々日本からぎっしりが詰まったEMSの箱を送ってもらうのですが、税関で止り八方手を尽くしたものの結局届かず、3ヶ月後にボロボロになって送り主のもとに返却、というパターンが2度ほどありました。そんなイタリアでも亀の歩みでゆっくりゆっくり改善されてきているようですが。まあこれ系の話は長くなりそうなので、また違う機会に述べるとして・・・

今回は実は初の試みとして、イタリアから日本へ箱を送ろう、という作戦なのです!(いまさら、かな(;´∀`))
んで、とりあえず買ってきましたポステイタリアーネ純正の箱!
2007.1.6-1.jpg

まだ組み立ててないのは24,5cm x 17,8cm x 4,5cmで1.4ユーロ、組み立て済みのは23cm x 18cm x 9cmで1.8ユーロでした。
今回はこれらにイタリアのエスプレッソ用コーヒー豆をぎっしり詰め、ついでに以前の演奏会の様子をDVDにしたので実家に送ろうという散弾。ズガガガガガ
プレゼント用のお洒落な箱もあるようですが、ちょっと割高ですね。
EMSでこちらから送ることも出来るのですが、速いかわりに非常に高い。そんなわけで今回はポスタ・ラコマンダータ Posta Raccomandata (書留郵便)を使うことに。こちらは2キロまでなのですが、ネットで追跡可能でお値段もお手頃。近日中に発送する予定です。
2007.1.6-3.jpg

受付のおねいさんに申し込み用紙ももらってきました。十分気をつけて記入しないと届かなかったりするかもね・・

で、これ、大きい方の箱なんだけど。。
2007.1.6-2.jpg

早速やられました、うにに(T∀T)。こういう素材をガジガジするのが大好きみたいで・・

カウントダウン作戦の顛末

それは、さながら戦争のようでした。
Via del corsoにさしかかるあたりから急に人が増え始めます。200メートルほど先にあるポポロ広場、普段はその中心に位置する高いモニュメントがここからでも見えるはずなのですが、人ごみと煙幕で全く先が見えません。

2007.1.1-5.jpg

そして鳴り止まぬ銃声のような破裂音、火薬の匂い、煙が目にしみます。

2007.1.1-6.jpg

こ、これはちょっと危険な雰囲気・・・
酔っぱらいも多いし、爆竹の音もどんどん頻繁になってきます。両耳を塞ぎ、身をかがめて小走りで人の波をくぐり抜けていきます。戦争を取材している記者の気分。
でも、ほんとうにライブなんかやっているんだろうか??音楽なんて全然聴こえません。
死ぬ思いでついに、ついにたどり着いた目的地、ポポロ広場。

2007.1.1-7.jpg

やっぱりやっていませんでした。
いったいなにしに来たんだっけ・・・(T∀T)
で、やっていたのは「花火大会」と称する「騒音大会」。パーンと奇麗な打ち上げ花火があがるでもなく、ただひたすら祝砲かなにかの爆音、それも尋常でない音量。それに加えて若者がいたるところで爆竹を連発し、ホゥ!とか言ってるんです。

1.一体何が楽しいの?
2.あなたたちの耳は聴こえてるのですか?

と二つの疑問がわき、どうにもならない怒りがこみ上げてきました。
広場に着いた時点で11時半。今でこれではカウントダウンのときには鼓膜が破けるだろうと感じ、逃げ帰ってきました。
うーん。。新年早々これは厳しいですね。
音楽どころか爆音でホゥ!です。カルロによると去年まではどちらの広場でもコンサートをやっていたとのことですが・・だとしたら文化的退廃と言わざるを得ません。
期待はずれでしたねー正直。本当に、うるさいだけでした。
ちょっと辛辣になってしまいましたが、、あまりに違いますね、新年の迎え方が。
興味本位で広場に行くのはおすすめしませんよ~^^

あけましておめでとうございます

こちらも先ほど年が明けました。去年の経験を今年に生かしより一層精進する次第ですので、何卒よろしくお願いいたします。拙い文章ですが、お付き合いくだされば幸いです。



・・・・さて、
予告通りに行ってきました、カウントダウンを見に。
当初ポポロ広場(Piazza del popolo)に行こうという話だったのですが、昨日カルロが「ピアッツァ・デル・クイリナーレ(Piazza del Quirinale)」ではクラシックのコンサートがあるよって言ったので、あーそっちのほうが性に合うかな、と思い、そちらに向かいました。ところが・・・
2007.1.1-4.jpg
あ、あれ、なんか暗い・・・(´Д`;)

人はパラパラいるのですが、一向に増える気配がありません。
2007.1.1-3.jpg

嫌な予感・・というか予想は60%以上裏切られるローマのこと、まあ多少は覚悟していました。
巡回の警察に聞いたところ、主催者のプレジデンテが変わってコンサートは廃止になったのだとか。
過去6年間は続けてやられていたものらしいのですが・・残念無念。

・・・まあ、だてに3年間ローマにいません(・∀・#)
せっかく足を運んでも様々なイタリア的理由で徒労に終わることの非常に多い、「無駄足帝国ローマ」または「無駄足ローマ帝国」。カルロのうそつきめ、という感覚もだいぶ無くなってきました。
つまり、ここまでは想定内。
しょうがないのでそこから歩いてポポロ広場に行くことに。普段からチョイワルの若者が闊歩するこの広場。多少騒がしいだろうとは思っていましたが、当初予定していた場所です。

爆竹やかんしゃく玉がものすごい音で、至る所で鳴り響くのに怒りを覚えながら両耳を塞ぎながら歩きます。
(ていうか、ほんとにビビりますよ。酷いときは目の前で爆発したりします。もちろん物理的被害は全くないのですが、生命の危機をも感じます)
歩いて、歩いて、、
2007.1.1-2.jpg

2007.1.1-1.jpg

トレヴィの泉を越えてやっと着いた、ビア・デル・コルソ(Via del corso)!この大きな通りをまっっっっっっすぐ行くと、ポポロ広場です。
そこで行われていたものとは・・・・・・・

後半へ続く

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

hori

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する