fc2ブログ

2007-02

普段から腰は重い方だけど

今は一週間後に学校の試験、さらにそのあとすぐイタリア語の試験などが入っていて余計に腰が重い最近の僕。机とピアノに向かうことがついつい多くなってしまう。
そんな中、ナポリでのレッスンで出会ったブルガリア人のピアニストが夜9時からトラステーヴェレtrastevere(ローマを流れる川の向こう)でコンサートをやるというので、珍しく聴きにいった。彼はIvanイヴァン君といって僕より2歳年下だが、ローマにはや5年住んでいてピアノを教え始めている。そういう意味では先輩で、一度ゆっくりお話を聞いてみたいと思っているのだ。
夜9時・・・いつもながらこっちのコンサートは始まるのが遅い。夕飯も先に食べることになるし出かける前から眠くなってしまうのだ。
トラムに乗ってテーヴェレ川を渡り、最寄りの停留所に着いたところ、一軒だけ妙に明るい店が車道の向こう側に見えた。
2007.2.18-4].jpg
「トラステーヴェレ・ゲームズ」
おお!(°д°;)いわゆるゲーセンだ。以前書いたかもしれないが、ゲーセンなるものはイタリアにはかなり珍しい。会場と逆側だったが、ついフラフラと道を渡って近くで見てみることに。
2007.2.18-2.jpg

2007.2.18-3.jpg
鉄拳3、サイレントスコープ、バーチャストライカ-2・・・


古っ!全部僕が入間校舎に通ってた時代からあったゲーム。それがあたかも最新だぜー、という感じで並んでいる。もっと言うと、これは僕が3年前ローマで初めてみつけたゲームセンターとほぼ同じラインナップ。要は需要が無いってことなのかな・・・時間もなかったしもちろん立寄りませんでした(^^;
そして、話もそれすぎ。反省、反省。

で、今日の本題はピアノコンサート。会場は、本屋兼カフェでその奥がちょっとしたスタジオになっているという一風変わった"BIBLI"というお店。小さいながら雰囲気がよく、カフェもおいしい手作りケーキが出るちょっとした穴場的な場所?インターネットもできるらしいので、もしこの辺を訪れることが会ったら是非!

今回のプログラムは前半にシューベルトのニ長調のソナタD850、後半はリストのハンガリアン狂詩曲、ペトラルカのソネット123番、バルトークのソナタ。
後半は僕も好んでよく弾く分野だが、前半のシューベルトのソナタは聴き慣れない。恥ずかしながら今回初めて聴いた。実は彼ドイツものがかなり得意らしく、そういう賞を受賞したこともある。40分以上にわたるこの長大なソナタも、彼の演奏はさすがに雰囲気があり、特に小さい装飾音がキラキラしていてとても奇麗だった。こんな曲があるなんて、まだまだ勉強不足だな~。
2007.2.18-1.jpg

アンコールが終わったところで花束を手渡しに!と立ち上がったが、スタジオいっぱいに埋め尽くされたお客さんが通り道を塞いでいたため、前に行くまで一苦労。
「スクーザ、スクーザ(ごめんなさい)」と謝りまくりながらかきわけかきわけ、なんとか彼が裏に下がる前に間に合って無事花束贈呈!そして固い握手・・
一瞬「誰だっけ?」っていう感じの表情に見えたのは、おそらく僕がナポリの時から大幅に髪を切ってヒゲを生やしたからだろう。と思いたい(泣)。それか興奮状態だったんだろうね。と思いたい(泣)。とにかく素晴らしいコンサートでした。おつかれ!
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

hori

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する