fc2ブログ

2007-06

音楽の原点は

やっぱりだなああって。

いや、先日、アヴェッツァーノで知り合ったイタリア人の友達が声楽のコンサートで伴奏をするということで、ローマ"A.Gemelli"総合病院に行ってきたんです。
ローマ"A.Gemelli"はtrastevereの方面にある巨大病院。そんなところで?と思ったら、会場は完全に病院の廊下で開放されたスペースで行われる、いわゆるチャリティー慰安コンサートだったんですね。
2007.6.15-1.jpg

出演者の皆さんは全員イタリア人、歌曲もロッシーニやヴェルディやドニゼッティなどイタリアもの(とあと少しショパンの歌曲)。

声楽のコンサートなんて、ずっと行っていなかったのでこんなにまともに聴くのは久々。やっぱりイタリア人ってイタリア歌曲うまい!!(当たり前か)
なんていうか、まず母国語だから自然。これも当たり前のようなことだけど実は意外と大きなことで、音楽は言葉の響きやリズムから生まれるから、彼らにとってはポンと出したものがすぐにヴェルディとかの音楽になるんですね。これって我々アジア人にとっては永遠の課題。。うらやましい。
音楽の作りもストレートな感情表現とかドラマチックでテクニカルな面白さが完全に彼らの気質にマッチしてるし。
それからそもそもやっぱりなにかの楽器を通すという作業をとっぱらって、ストレートに表現できるっていうのがこれまたイタリア人向きで、イタリア音楽史で器楽よりも声楽が主流になっていった理由の一つなんじゃないですかねえ。

今日聴いたイタリア歌曲、例えば今僕が勉強してる曲なんかよりもやってることはものすごくシンプルに見えるんだけど(失礼しました)それがまたよくて、素直に聴き惚れてしまうんだな。

音楽の原点は、やはり抑えきれぬ感情の発露、自然界にもともと存在した音の模倣、あるいは哲学や宗教的な目的として、それらを「声に出す」ということだと思うんです。ピアノは色んなことをひとりで考えて、コントロールしてやらなきゃいけないようで、終極音楽をやるという意味ではそこに戻るのかな、とか色々考えさせられた素晴らしいコンサートでした。またこういうの聴きにきたいけど、なかなか余裕がないと違う楽器のコンサートはこれないんだよね~。

2007.6.15-2.jpg

最後のデュエット。歌は歌いながら色々できてうらやましい!ピアノは弾きながら踊れないもんな~。え?小室哲哉?
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

hori

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する