fc2ブログ

2011-11

ゲスト猫ホクロちゃん

イタリアン・ミディアムヘアーうにと偽ロシアンブルーまぐろのいる我が家で、一ヶ月だけ美男子黒猫・ホクロちゃんをお預かりすることになりました。
1119c.jpeg
以前ブログにも書きましたが、うちはうにまぐろの仲が相変わらずよろしくない(前よりは少しいいですが 笑)
その理由は恐らく

まぐろうにを好きすぎて突進してしまう
うには気位が高く、気難しい

の2点であろうと結論づけていました。

※おさらい
うにと、
291819_2359077264051_1463871161_32562316_1288900084_n.jpg
まぐろ
308180_2375777521547_1463871161_32576415_868315361_n.jpg


一方、ホクロちゃんは他の猫ともうまくやっていく性格、とお預かりするときに伺っていたのですが、何しろ他人様の猫ちゃんを預かるのは初めてで、3匹対面させたときにどんなカオスワールドになるのか多少心配ではありました。どちらかというと、うには他の猫を受け付けないので、まぐろの方がオス同士喧嘩しつつも互いを認め合うのではないか・・と予想していました。





ところが、その後の展開に驚愕・・








IMG_0194 1

なんと、ホクロちゃんがあの気難しいうに嬢とかなり仲良くやっているではありませんか!
ホクロちゃんがときどきうにに近づいてっては怒られ、そして逃げて、また近づいていく・・というのを繰り返しているうちに、なんとうにのほうからホクロちゃんを追っかけていったりして、どう見ても狩りごっこみたいに遊んでるのです。
おそらくホクロちゃんの体格がほぼうにと同じくらいなので、ファーストインプレッションで怖くなかったんだと思いますが、それ以上にホクロちゃんは友達の作り方をよくわかってる!

今では、うにホクロちゃんが同じベッドの上に寝てても、ある程度の距離を保てば何の問題もないまでになりました!


で、まぐろVSホクロなんですが・・・


こちらは暗雲立ちこめてます。笑

コミュニケーションの達人ホクロちゃんは、我が家に来た当初先にまぐろの方に会って、怖がりながらも鼻をチュッチュッとつけて挨拶しにきました。

ところがその夜でしたか、まぐろの縄張り意識に火がついたのか、はたまたかつてうに会って5秒でフラれたハライセからか、逃げるホクロちゃんを追っかけてしまい

「tgyhujikolpòフガRYPYッッコフウP-ーーー○×▲□」

という乱闘になってしまいました。
まあ、乱闘と言っても猫のこういうのは、声だけ凄まじくて基本的に怪我はしないのですが、さすがのホクロちゃんもびっくりしたのか、以降まぐろと会うとウウウウウウウウと怒るようになってしまいました・・(飼い主さんごめんなさい)

まぐろはとにかく体格がいかつい。
1119a.jpg
初めてホクロまぐろが会った時の写真ですが、この頭の大きさの差を見てください(笑)。
人間でいったら、ラガーメンです。そんなんが突進してきたら、本人に悪気はなくてもとりあえず逃げますよね・・

まぐろ、異常なほど人懐っこくて、しかも外回りなので近所ではかなりの人気者なのですが、どうも猫からは不評なようです・・やはり10ヶ月くらいまで野生だったところが、ホクロちゃんとうにとは違うんでしょうが・・


それでも、ホクロちゃんの偉い所は、そういう関係になった猫に対しては基本的にスルーするところ。危険回避能力が素晴らしいので、全然手がかからない!
それどころか、ホクロちゃんのおかげでうにの猫嫌いが治るのではないか・・・と期待してます(笑)

なんとか3匹仲良く暮らさせたいのですが、そのためにはまぐろを教育しないと!



スポンサーサイト



ティボリ・エステ荘コンサート

374058_2499769021257_1463871161_32663490_804411770_nm.jpg

11月13日、ついに念願かなってティボリのエステ荘でコンサートをしてきました!

304830_2250210902460_1463871161_32473588_7836079_n.jpg

294444_2250212462499_1463871161_32473592_7005986_n.jpg

391116_2499769101259_1463871161_32663491_2035341339_n.jpg

他の日の出演者を見ると「本当に自分が出ていいのか」という感じでしたが、自分の師匠のご推薦があって運良く素晴らしい機会を得る事ができました。「急にコンサートの質が落ちた」とだけは思われたくないので、かなり気合いを入れて用意しました( ´∀`;)

もうこのブログでも何度か触れられている通り、今年2011年はF.リストの生誕200周年。
世界各地でリスト関連の音楽祭やコンサートが開かれ、ピアノ界を中心に盛り上がっています。
リストが名曲「エステ荘の噴水」のインスピレーションを受けたゆかりの地でもある、このエステ荘恒例の音楽祭も、今年はもちろんオール・リストプログラムのコンサートばかりでした。

そんな中、僕が弾いたのは巡礼の年「ヴェネツィアとナポリ」、パガニーニ大練習曲、巡礼の年「イタリア」と、これまたイタリアづくし。今年限定イタリア=リスト弁当です。

しかし、今年常に考えさせられるのがオール・リストプログラムの難しさ。

技術的には特に耐久力が必要です。しかしそんなことよりも、もっと重大な問題が。
リストの曲は、派手なものは派手なだけに終始し地味なものはその魅力が非常に伝わりにくい・・という難点があるんです。

リストの代名詞である超絶技巧、もしくは渋ーい和声ばかり続く曲、それを延々と1時間半聴かされる観客のことを考えないといけません(ここにオール・ショパンプログラムとは違う難しさがあります)
プログラムの構成を含めた「演奏者の音楽性」が求められるところだと思います。

リストは無数のピアノ曲を書いており、あまり知られていない曲が実はたくさんあります。
そしてその多種多様さといったら、シューベルトの歌曲の編曲から晩年の宗教的な曲まで、「人格がいくつあるの?」と言いたくなるくらい色々。

一方で、今回で言えば「タランテラ」や「カンパネラ」と言った、誰が聴いても派手で聴きやすい曲も多い。
それらをうまく組み合わせ、また曲の特徴をよく出して緩急をつけた演奏をしないと、聴衆にとっては「結局一時間半がなんだったのかわからないまま」終わってしまいます。

巡礼の年というシリーズは、全体的に渋めで、終曲の「ダンテを読んで」以外はほぼ知られていないのですが、いつかこのブログでも触れたように「3つのペトラルカのソネット」なども大変美しい曲です。
そして「ダンテ」の後には、疲れた聴き手の耳を癒す為にも「愛の夢」やシューベルトの「アヴェ・マリア」編曲などを弾きました。

リストでテクニックを披露したり、自分の密かに気に入っている渋い曲を渋く弾くのはいいが、それが自己満足で終わってはいけない。それが今回の一番の難しさだったと思います。果たしてどこまで実現できたか・・・?






うーん、まだまだ修行が必要な気がします( ´∀`:)






スタッフの方はリハーサルから演奏会終了まで本当に細かい所まで気を使って下さり、最後には素晴らしいポスター・パンフレットまで記念に頂いて、間違いなく一生の思い出に残る一日だったと思います。
ご来場の上熱い拍手を送って下さった方々、スタッフの皆さんに心から感謝します!
応援してくださった方々も本当にありがとうございました!


380529_2498612472344_1463871161_32662646_1660128155_n.jpg

391730_2499782981606_1463871161_32663493_2068874611_n.jpg


Facebookもやっております。もしよろしければお声かけてくださいね!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

hori

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する