fc2ブログ

2011-12

メリークリスマス

今年もクリスマスがやってきました。
キリスト教の聖地のひとつ、バチカンを中心にローマも毎年電飾やプレセピオ(イエス・キリストが馬小屋で誕生した瞬間を人形で表したディスプレイ)などでお祝いの準備をします。
christmas kai
教会の前などに展示されるプレセピオ。

christmas2.jpg
集合住宅の多いローマではクリスマスが近づくと各家が電飾をしだします。
中にはエスカレートしてとんでもないことになっている家も・・


僕は無神論者でありますが、クラシック音楽を勉強している以上は否応無しにキリスト教についても勉強しなければなりません。従ってローマにいる間はその厳かな雰囲気だけでも味わい、ミサの様子などを教会やテレビで見たりし、そこからバッハやベートーヴェンやリストなど多くの偉大な作曲家の精神を感じとるようにしています。

ローマは例年に比べて何故か静かでおだやかなクリスマス。祭日が続き練習も出来ません。
大砲や爆竹の音も今年はあまり聴こえず、今は一年に起こったことをゆっくり思い出しています。
おそらく法王も言及するであろう、僕の故郷である東北を襲った悲劇「東北地方太平洋沖地震」。
遠い地から何をすることもできず、津波が人や車を飲み込んでいく映像を何度もインターネットで見ました。

人の命の重さ、それに対して失われる簡単さ。
医者でも政治家でもない自分は、音楽家として何ができるだろう。
こういう時こそ自分の思いを音楽にのせて聴かせられたらという思いが、去年までよりも一層強くなりました。

僕は個人的にはPopsもjazzもsoulも好きでよく聴きます。
日本人の心に最も自然に染み渡るのは、J-popであり、また演歌や日本の音楽であるのは確かです。

しかし、何百年も引き継がれてきたクラシック音楽には、その文化こそ違えど人類の共通の言語として心に訴えるものがあると信じています。

そのために来年もより一層腕を磨き、傷ついた心を癒せるような優しい音楽、沈み込んだ気持ちを奮い立たせるような英雄的な音楽を奏でられればいいなと思います。

みなさんに幸せな年末と新年が訪れるよう、心からお祈りします。

アヴェ・マリア(シューベルト・リスト編曲)ライブ録音2011年12月8日恩師モウケ先生のご息女の追悼コンサートにて
christmag.jpg

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

hori

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する