fc2ブログ

2016-07

トレーニング3割、食事7割

毎年のことながら暑い日が続きますね。門下発表会を来月に控え、いよいよ出演者の皆さんが演奏曲に一生懸命取り組んでくださっています。

昨日、NHKで女子シンクロナイズドスイミングのコーチである井村雅代さんの特集をしていました。一日中厳しい練習で、スケジュールは練習か食事かという徹底ぶりだそうです。その中で、井村さんが「トレーニング3割、食事7割」とおっしゃっていたのが非常に印象に残りました。「どんな厳しい練習も、栄養をおろそかにしたら何も身につかない」というお話でした。

このようなお話になると、必ずピアノはスポーツじゃないから...とおっしゃる方がいます。もちろんスポーツとピアノは違いますが、しかし、ピアノも芸術的競技の面をもっていること、頭と体を同時に使うこと、そして何より一回勝負であること...多くの共通点を持っています。そして何より忘れてはいけないのは、アナログのピアノは力のバランスと強度によって、無限に近い音質の可能性を持っているということです。

コンクールに挑戦する生徒さんを教えていると、後一歩で賞に届かなかったり、普段しないようなミスで残念な結果になったりする子がいます。もし仮に積み重ねてきたものがほぼ同等であれば、勝敗を分けるものはなにか...それは演奏中の集中力であったり、心の強さであったりします。それは、資質や才能にもよるのでしょうが、多くの場合は体調や精神バランスに左右されるものです。

かくいう私も、留学後コンクールに盛んに挑戦していた頃は藁にもすがる思いで、コンディションを整えることに必死でした。朝からきちんと野菜とたんぱく質のバランスの良い食事をとり、カルシウムのとれるチーズは欠かさず食べていました。もしそうしていなかったら...というお話はできませんが、少なくとも精神的には安定し、またほとんどの機会でベストを尽くせていたように思います。

思えば、人はほとんどの栄養を摂取することでしか吸収できません。その栄養素たちが、本番のふとした瞬間に演奏者を支えてくれるかもしれません。コンクールはともかく、自分に勝ちたい、限界を超えて上達したいと思っている方々は、練習ばかりでなくそのことにも少し目を向けてみてはいかがでしょうか!

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

hori

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する