fc2ブログ

2024-04

ルーテル市ヶ谷ソロ・リサイタル無事終了致しました

先日、東京では久々のソロ・リサイタルがルーテル市ヶ谷で開催されました。
会場はその名の通り教会にもなっていてパイプオルガンもあり、残響がほどよく長く大変気持ちのいいホールでした。

去年津田ホールで演奏したオール・リストプログラムから、自分のまた違った面が出せたらと思いベートーヴェンとブラームスのやや渋いプログラムにしようと決めたのが去年の秋頃。28番ソナタとヘンデル変奏曲という大枠は決まっていたのですが、残りをどうするかは結構悩みました。

晩年のソナタである28番、そしてヘンデル変奏曲は明るい曲ですが、大曲である上に内容も濃いため聴きなじみのあるものを入れなければ聴くのが大変ではないか・・と思い決定したのが14番の「月光」ソナタでした。

しかし、この「聴きなじみのある」というのが意外な落とし穴で、弾くのはプレッシャーが大きいんですよね(^^;
それに一般的には28番の方が遥かに難しいと言われますが、これが弾けたからあちらは簡単だろうというほどベートーヴェン師匠は甘くなく・・・やはりソナタで音楽を創り上げるということは大変な作業なのだと痛感しました。

もう一曲の「4つのバラード」。こちらは更に輪をかけて渋い曲ですが(笑)、実はOp.10と若いブラームスの作品なので様々な感情が消えては湧き、消えては湧く動きのある曲集です。ブラームスの気難しさや内向的な面がかなり色濃いのですが、まだその底にはエネルギー溢れる若さがみなぎっています。そんな中間色のような雰囲気が個人的にはとても好きだし、若くも老いてもいない今の自分にはしっくりくる感じがします。

全体的にはやはりソロで一晩弾くのは改めて大変なことだと感じました。普段よりも一生懸命弾くせいか最後に疲れも出るし、最初は緊張もあります。まだまだ勉強しなければいけませんね。

次回は、少し華やかなプログラムにしたいなと今から夢想しております(^w^)
また平日の夜というお忙しい時間に足を運んで下さった方々に、心から御礼申し上げます。このような時代に演奏会を開けるということ自体が、皆様の暖かいご支援があってのことです。更に腕を磨いてよい演奏を目指して参りますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

写真-19

追伸;アンコールはラフマニノフ=コチシュの「ヴォカリーズ」でした(^^)
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://horitalia.blog14.fc2.com/tb.php/169-8fac9651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今年を占う(?)新年度最初の演奏。横須賀文化会館ミニコンサートのお知らせです。 «  | BLOG TOP |  » ティグリージョ東京初公演無事終了致しました

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

hori

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する