fc2ブログ

2024-02

イタリア演奏旅行記2

イタリア滞在二日目(正確には一日目の夜遅く着いたので三日目ですが)。いよいよ最初の演奏会です。

今回はイタリア史上随一と言われるピアニスト、アルトゥーロ・ミケランジェリの死後20年を記念したイベントの一環でした。音楽院には彼の貴重な文献や演奏の様子などが映し出されるコーナーができていました。
IMG_0063.jpg

IMG_0064.jpg

10月末に弘前で演奏会をし、大急ぎで曲を変えないといけなかったので、正直不安の多い本番でした。反省の残る演奏でしたが、なんとか来ていただいた方々には喜んで頂いたようです。。やはり久しぶりのイタリアということで緊張も大いにありました。

12241203_1080372988662041_1418018202665608967_n.jpg

日本に帰国して3年過ぎですが、ヨーロッパと日本では響きの環境があまりにも違いすぎます。日本では響きが厳しく吸収される、もしくは狭いスペースで反射してしまうので、どうしても弾くことに一生懸命になりがちである、と師匠からは何度も言い聞かせられていたのですが、今回イタリアで弾いてみてあらためて思いました。天井の高い場所では音は遠くで空間を満たし響いてから聞こえてきます。自分が客観的に見え、歌って弾かないのはあり得ない環境なのです。

IMG_0122.jpg
お忙しい中聴きに来て下さった留学時代の友人たち。本当に嬉しかったです!


演奏会後は関係者の方々と食事!これですよ、これ。今日会った人でも音楽を通じたら友人。飲んで笑って、我々が見習うべきオープンなハートです。こういうことがあるから、次を頑張れるのだと強く思います。
IMG_0131.jpg

IMG_0124.jpg
エビクリームソースのリゾット。





スポンサーサイト



● COMMENT ●

素晴らしい旅!

素晴らしい演奏旅行でいらっしゃいましたね!
旅行というよりも、第二の御里帰りと申し上げるべきか…。
私もヨーロッパに行きますと、建築美はじめ伝統的な芸術の根源に有るキリスト教への信仰の力を感じます。
天井が高く広い空間に広がるピアノ…自分の日常ではあり得ないことで、お聴きしたかったです。
生ハムとリゾットも、何か日本とパワーが違うような、さすがに本場、おいしそうですね~♡大好物なので、見入りました(^0^)

>>タミイ様

タミイ様、コメントありがとうございます。

おかげさまで充実した滞在でした。留学時代は当たり前のものに見えていたものが、音楽学校にしても教会にしても本当に別世界だったのだということを、改めて感じさせられました。少し歳をとり、また旅行者として目に映るものは以前とは全然違うものなのでしょう。食べ物はイタリアはもうお墨付きですね!どこにいってもまず食べられないということはないです。サービスは悪いですが(笑)食べ物もそうですが、言葉、空気、その全てから何か元気をもらえるんですよね。今回短い滞在でも旧交を温められたことは、今後の音楽活動にとって本当に良かったと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://horitalia.blog14.fc2.com/tb.php/195-e51668ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イタリア演奏旅行記3 «  | BLOG TOP |  » イタリア演奏旅行記1

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

hori

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する