fc2ブログ

2024-04

ミオ・アミーコ・カルロ

 僕がイタリアで最もお世話になったイタリア人、それはどう考えても同居人・カルロに間違いない。カルロは僕が知っているイタリア人の中で最も誠実な男。思えばこの3年間、警察についてきてくれたり、届かない荷物を一緒に郊外まで取りにいったり、インターネットをしいたり、パスタ料理を教えてくれたり、と数えたらきりがないほど助けてくれた。
 彼の面白いのは、家のことをなんでも勝手にしちゃうこと。工事で塗装が剥げた天井を塗り直したり、水道管を直したり、トイレの電気のスイッチを入れると粋なラジオ番組が自動的に流れるように配線をつないだり・・・とにかく技師という技師を決して呼ばない。というよりも彼自身が技師といってもいい感じなのだ。
 ところがそんな愛すべき男カルロがついに来年引っ越すかもしれない、という衝撃の情報が入った。アッピア街道のほうにアパートを買うかもしれないのだとか。考えてみれば来年で42歳、独身。いつまでも怪しい東洋人と同居してる訳にもいかないのだろう。
 気持ちはわかるよ、カルロ。逆の立場で考えれば、やはりイタリア人はイタリア人といるのが一番気楽なのだ。引っ越しても元気d
 
 あれ、今気づいたんだけど・・・今でもただでさえ高い家賃、電気代、ネット代。これシェアする人がいなくなったらどうするんだ??
・・・・(・∀・;)

け、計算したらとんでもないことに・・・
おい、ちょっと!考え直してくれ!

carlo.jpg

写真はエジプト旅行中、非常に気分のいいことになっているカルロ近影

P.S.最近ユーロ高すぎると思いません?明らかに生活に影響ありますよ・・・
スポンサーサイト



● COMMENT ●

諸外国の方々というのはスゴイと思うことがあります。
例えば車が故障したときなんか
日本だと業者の人が来るまでその場で待ちますよね?(ですよね?)
でも、外国の方々はある程度の故障だったら
自分で何とかしちゃう…
ああ、またか… という感じで。

日本は世界的に見れば最先端の技術大国なのかも知れないけど
一個人レベルで見てみれば何とひ弱な種族か…
そう思わされることがしばしばありますですね。
ピアノなんかも自分で調律できたら良いのになぁ…

全くおっしゃる通り!
こっちの人は何でも自分でやるところがすごいです。日本人のようにいわゆる型にはまった「学がなく」とも、生活していく上でのたくましさというのか、それは皆さん普通に持っていて、見習うべき点ですね。
 世界一ではないかと思われる日本の便利さ、何でも機械と人がやってくれる豊かな環境は、同時に日本人をひ弱にしている、と言わざるを得ませんね。そしてそのひ弱さ、ピアノにかぎらず様々な国際的舞台になるとどうしても出てしまっている様な気がします。
 それでも日本が大好きですけどw

カルロ顔真っ赤だよ・・・w

ローマでは、バンパーやウィンカーなどをガムテで補修した車をよく見かけますね。それって修理のうちに入るんですか。バナナはおやつに入るんですか。

それにしてもユーロ強いですね。なかなかどうしてキビチイですね。
ポンドはもっと強いうえに、地下鉄初乗り料金値上げ(約900円!アホかと)だそうですよ。絶対行かないわそんな国。

>>おねい
そうそう、ロンドンに住んでる人なんかこっちどころの騒ぎじゃないようですね。ローマはなんだかんだ言って食べ物はまあまあ安い上に超おいしいし、いいほうなのかもね。でもやっぱ日本がいいw


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://horitalia.blog14.fc2.com/tb.php/46-c6d1724c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アジアンショップ «  | BLOG TOP |  » SISLEY Via del Corso店オープン!

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

hori

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する