fc2ブログ

2024-04

予期せぬプレゼント

いやー大変な日々でした。
ナポリから帰ってきた次の日は音大でレッスンがあり大急ぎで用意した悲惨な(笑)木枯らしを披露してしまいました。

 ところで、今日は先日のチッコリーニのレッスン代を払いにピアノ屋さんに行ってきたのですが
ナポリ人の店主はいっつも上機嫌。
なんでもモウケが二人の生徒にこの店でピアノを買わせたんだとか。その二人は家にピアノがない人と、アップライトしかなかった人なんだけれど、ついに念願のグランドを手に入れたそうな。
そのこともあって、僕もモウケの生徒だということでレッスン代を安くしてくれたんですね。
で、今日は予期していなかったとっても素敵なクリスマスプレゼントをいただいたのでそれを紹介します。

tetyou1.jpg

 手帳とカレンダー、そしてラメで「Merry Christmas」と書かれた素敵な手さげ袋。
日頃手帳なんか使わず、予定がつまって忘れそうな時はパソコンや携帯に登録して持ち歩くタイプの僕ですが、これはなんというか「粗品」というにはあまりに素敵なものなんですね。
人生で初めて手帳使ってみようかななんて思ったりしてます。

手帳の裏表紙には店の名前「Progetto Piano」と共に一つの言葉が書かれていました。

tetyou2.jpg

"Devi amare per poter suonare."
「演奏できることを愛しなさい」


有名なジャズミュージシャン、ルイ・アームストロングの言葉だそうです。
心に染み渡るいい言葉ですね。
思えば僕がイタリアで3年間学んできた最大のものは、この精神だったと思います。
今年を振り返ると挑戦、失敗、成功、本当に色々なことがあったけれど、そんな中僕を支えていたのは「自分が演奏していることに意味があるのだ」と信じ続ける心でした。
それはなによりもこのイタリアが教えてくれたことだと思います。
来年も色々なことがあるだろうけれど、どんなときもそういう心を持ち続けて努力していこうと、この1ページを見て思い直しました。

今回はちょっと真面目でごめんなさい^^
スポンサーサイト



● COMMENT ●

演奏できることを…

素敵な言葉ですが
ムサシーノを卒業したばかりの頃の僕にとっては、とても難しい精神でした。
それっていうのは、卒業してすぐのコンサートで大失敗をしてしまいまして
それから2年間くらい、人前でまともに演奏することが出来なかったからなんですね。

何故演奏しないといけないんだろう、とか考えたり
僕の演奏に否定的な人の意見ばかりを心に焼き付けてしまったり
褒められているのにマイナスの意味に捉えてしまったり
本当に暗~~い感じだったんですよ…

最近では、ちょっと持ち直しまして
チェコ行ってみようかな、とか
近くのマスタークラスでも受けてみようかな、とか
そういうことが出来るようになりましたし
何よりも、演奏出来る場があることや
僕の演奏を楽しみにして来てくださっている方もちらほらいらっしゃったりして
そういうことに喜びを見出せるようになりました。
かなり時間はかかりましたけどね…
もっともっと、この言葉の意味を噛みしめないといけないな、と思いましたお。

今回はちょっと真面目でごめんなさい><

根っから

楽観的な僕でも、留学前は本当に悩みました。これ以上成長しないんじゃないか、いくらがんばっても弾けない部分が弾けるようにならないし。留学して意味があるのか、正直疑問だったんですね。本気で普通に就職しようかと考えていました。
 でも某同級のH君や坂井先生が「自分の限界なんてものは、その年齢じゃ自分ではわからない」と言って強く勧めてくれて、今思うとその言葉がきっかけで頑張って来れたと思うんです。
 たった一つの言葉、一つの出会いがいかに大きいことか。だからモラキンさんが運悪く悪い言葉を聞いてしまって、そこで停滞してしまった気持ちは本当によくわかります。でもその後いい人やいい言葉に出会ったようで、本当によかったですね!

 この世界どこまでいったって上手な人がいるし、それでも批判しなければ気が済まない方々もいます。
 でも大切なのは自分。あと何十年もして振り返ったとき「自分が何かを演奏出来る」ということがいかに幸せなことか気づくことになると思うんですよね。
 必ず「いい」と言ってくれる人がいるし、二つと同じ演奏は存在し得ないのだから、自分が弾くことそのものに意義があるんだよ、そういうことをルイは言ってるような気がします。
 まあ・・・単純にアメリカっぽく「気楽に行こうぜ」っていう意味にもとれますけどね。要は、同じことですよね。来年もお互い、楽しみながら頑張っていきましょう! 


うおおおおお
グワラゴワガキーーーン

それだ!!

よっしゃあああああぁぁぁぁあぁああぁ!!!!!
気楽に逝ってやるぜぁっぇあっぁぇllrglkfd;ふぉgsど

一年前チェコでコンサート出たときに
みなさんすっごく暖かくて、それにさえ感動したのを憶えていますニダ。
イルボンに居ると、人の悪口ばっか聞こえてきますニダ。
まったく野蛮なチョッパリニダ。
そこへいくとウリナラは礼儀正しry


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://horitalia.blog14.fc2.com/tb.php/52-0371e16e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おーじゃーまじゃーまじゃーまー «  | BLOG TOP |  » ナポリ2日目

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

hori

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する