fc2ブログ

2024-04

音楽史を肌で感じる

コンサートの翌日は、ナポリ在住のピアニスト・木下さんに在学中のナポリ音楽学校を案内して頂きました。世界最古と言われるこの学校は、音楽の源イタリアの音楽史が全てつまった図書館が有名で、僕の先生にも是非見てこいと言われていました。

2008_4_4_7.jpg
立ち並ぶ無数の文献。この中にはなんと何100年前の楽器ごとの教科書なども納められています。

2008_4_4_5.jpg
貴重なデータの永久保存のため、デジタル化も徐々にされているようです。

歴史なんてものは現代に生かす為にあるものでそれだけでは意味をなさないと思っていましたが、ここまで歴史を感じられる場所に身を置くと「自分自身がピアノを学び弾いている事」もその流れの中にあって、歴史は現代と別個のものではないし、また単なる客観的な概念でない気がしてきます。

もともと音楽学校は修道院で孤児に音楽を教えていたところから発生したということですが、それが次第に芸術の域に達するまでの経緯がこの場所を見学していると目に浮かんでくるようですね。

音楽学校をまわっているうちにローマに帰らなくてはいけない時間になってきました。残念ながらゆっくり観光はできませんでしたが、イタリアならでは!という時間を過ごせてとても楽しかったです。

ーその後の顛末。

今回のナポリでのコンサートの記事が新聞紙「ROMA」に載りました!
2008_4_6.jpg

記事を書いてくださったのは木下さんのフィアンセで、これまたピアニストでもあるUmbertoさん。
(T∀T)あんまり嬉しかったのでいっぱい買い込んできました。
ありがとう!木下さん&Umbertoさん!
スポンサーサイト



● COMMENT ●

お久しぶりです!去年の夏、弘前での演奏会でお会いしたFlのT・Sです。時々ブログ拝見してますよ。
なんか・・・すごいですねえ。。。難曲ばかりのプログラム。私もパガニーニの24練習中ですがもう大変です(汗)。
でも教会の豊かな響きの中でのコンサート、気持ち良さそうです^^。ヨーロッパに留学中だった頃を思い出しました。これからもたくさんの素晴らしい経験を積んでいかれることを応援しています。
また日本で(青森でも東京でも)素敵な演奏聴けるのを楽しみにしてます!

ご無沙汰しております!

去年の演奏会の時はゆっくりお話する時間もなく申し訳ありませんでした!
ご活躍の事のほど耳に届いておりますが、お元気でしたか?

ヨーロッパにはやはりヨーロッパでしか感じ得ない響きの世界がありますよね^^
僕もそろそろ日本に帰るかもしれないので,この感動、感覚、忘れないようにしっかり頑張ってきますよ~。

ところで・・
パガニーニにFlの曲なんてあったんですね!不勉強で申し訳ないんですが、あれをFlでやった場合どんな具合になるのか・・酸欠になりそう(笑)
今度是非聴かせてください!

新聞に載るのは

きっと何かハンザイしちゃったかな!?
と思う時だけだと思ったけど
コンサートのレビューを書いていただけたなんてスゴイですね!!
ていうか、コンサートお疲れさまでした!

その画像の、古い本の山を見ると
ホントに古代図書館のようで圧倒されますね…
実際に見てみるともっとスゴイんでしょうね。。。
それもデジタル化されるようですが古い本も良いなぁ。

ありがとうござまいす ^^

ナポリって、昔イタリアじゃなくて独立した国家だったんだって!知ってた?
西洋史全体で言ったらもちろんローマが凄いんだろうけど、ナポリは西洋音楽史発祥の地と言ってもおかしくないらしい。
図書館にはリアルで魔法の書みたいなのがいーっぱいありましたよ!んで実は内容はただの図書貸出記入帳だったり!すげえな・・色んな意味で。

はじめまして!


通りすがりにブログ拝見させて頂き、目に止まりましたので、コメントさせて頂きます^^

音楽好きの私です♪

それでは失礼しますm(_ _)m




管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://horitalia.blog14.fc2.com/tb.php/97-86eda2ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドビュッシー大会 «  | BLOG TOP |  » コンサート in ナポリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

hori

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する